Archives

定期預金「リボン」

預金名 定期預金「リボン」
預入対象者 組合員で個人のお客さま(平成28年4月1日~平成30年3月30日までの間に乳がん・子宮がん検診を受診された方。)
組合員 定期預金契約時に出資金5,000円以上の残高がある方。
※出資金は預金保険制度の適用はありません。
組合員資格審査の結果お断りした時 定期預金契約時に出資金のお申込みをされたが、組合員加入をお断りした場合は、以下のお取扱いとします。
①出資金については、返戻処理までは利息を付しません。
②「リボン」は契約不成立となります。
③契約不成立の「リボン」は、来店時における普通預金の利率で計算します。
④定期預金の返戻金については、一旦普通預金口座へ入金させて頂きます。
マル優契約 マル優のお取扱いはできません。
定期預金種類 スーパー定期預金(証書式)
受付期間 平成29年4月3日~平成30年3月30日まで。
※販売予定総額5億円に達した場合は期間中でも、お取扱いを終了させて頂きます。
預入金額 30万円以上300万円まで。
※新規お預り預金に限ります。(けんみんの他の預金からの預け替えは出来ません。)
預入単位 30万円以上10万円単位。
契約口座数 複数口座契約は可能です。(お預入の総額は300万円まで)
預入期間 1年間(固定金利)
満期日の設定及び利払い方法 当初預入日から1年後の応答日まで
1年毎の自動継続「利払方式」(お利息は普通預金へ自動入金します。)
適用利率 特別優遇金利 スーパー定期預金1年もの店頭表示金利+年0.2%
※ただし、特別優遇金利の適用は初回満期日までとなります。(初回満期日以降はスーパー定期1年の金利にて自動継続します。)
注意:店頭表示利率は店頭に設置しております金利表で確認して下さい。
税金 お利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)分離課税されます。
計算方法 お預入日から満期日の前日までの日数および約定利率により計算します。
付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算をします。
自動継続の停止 「自動継続停止依頼書」のお届けにより、自動継続を停止する事が出来ます。
期限前解約について 自動継続自由金利型定期預金(M型)規定(単利型)の「利息」第4項を適用します。
満期日以後について 満期日以後の利息は解約日における普通預金利率により計算します。
規定の適用 自動継続自由金利型定期預金(M型)規定(単利型)を適用します。
預金保険について ・預金保険の付保対象預金です。
・預金保険によって、元本1,000万円まで(当組合に複数の口座がある場合には、それらの預金元金を合計します。)とその利息が保護の対象となります。
※なお、1,000万円を超える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われますので、一部カットされることがあります。

 

スーパー定期

預金名 ●「自由金利型定期預金(M型)【単利型】/【複利型】
●「自動継続自由金利型定期預金(M型)【単利型】/【複利型】
(愛称:スーパー定期)
お預入対象者 個人、個人事業者、法人のお客様。
複利型は、個人及び個人事業者のお客様のみに限定させていただきます。
マル優のご契約 マル優契約のお取り扱いができます。
マル優のお取り扱いにつきましては、窓口までお問い合わせ下さい。
マル優契約 マル優契約のお取扱いができます。
なお、マル優のお取扱いにつきましては、窓口までお問合せ下さい。
お預入形態 証書式及び通帳式
お預入金額 証書・定期預金通帳: 1,000円以上 1,000万円まで
総合口座通帳: 10,000円以上 1,000万円まで
お預入単位 お預入限度額は、1,000円以上。上限はありません。
預入単位 1円単位
ご契約口座数 制限はありません。
ただし、総合口座通帳へのお預入は、20口までです。
お預入期間 単利型 定型方式 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年
満期日指定方式 1ヶ月以上3年未満
複利型 定型方式 3年
自動継続 定型方式のみ、自動継続利払い方式と自動継続元加方式があり、お客様の申し出のない限り、ご契約の内容を繰り返します。
適用利率 ①お預入時の店頭表示の利率を満期日まで適用します。
②固定金利です。
注意:店頭表示利率は店頭に設置しております金利表で確認して下さい。
満期時の取扱い お預入時のお申し出により自動継続(元加式もしくは利払式)または非継続のお取扱いができます。中間利払方法と満期時の取扱いの組み合わせは以下の制限があります。

 預入期間    単利型 複利型
 中間利払 満期時の取扱い
2年未満 自動継続元加式、自動継続利払式
または非自動継続
2年 定期預金作成 自動継続元加式
または非自動継続
指定口座入金 自動継続元加式
または非自動継続
3年以上 指定口座入金 自動継続元加式
または非自動継続
3年 自動継続元加式、自動継続利払式
または非自動継続
利払い方法   単利型   お預入期間
2年未満
満期日以後に一括してお支払いします。
お預入期間
2年
お預入日から1年目の応答日に、約定利率の70%を中間払利息としてお支払いします。
お預入期間
2年超
お預入日から1年毎の応答日に、約定利率の70%を中間払利息としてお支払いします。
税金 ①個人のお客様は、お利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税されます。
※マル優ご利用のお客様は非課税です。

②法人のお客様は、お利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉総合課税されます。
※非課税法人のお客様は、非課税。

なお、上記①および②のお客様は、中間利払い時もお利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税または源泉総合課税されます。)源泉分離課税または源泉総合課税されます。

計算方法 預入日から満期日の前日までの日数および約定利率により計算します。
<単利型>1円単位とし、1年を365日とする日割計算をします。
<複利型>6ヶ月複利の方法で計算します。
継続の中止依頼 お客様のご依頼によりご継続の中止が出来ます。なお、この取扱いを行なう時は「自動継続停止依頼書」のご提出とお届出印(定期預金のお申込印)が必要となります。
期限前解約について ①満期前に解約する場合は。【表1】の期限前解約利率により計算したお利息とともに、払戻し致します。

②中間払利息が支払われている場合には、その支払額(中間利払日が複数ある場合は各中間払利息の合計額)と【表】の中途解約利率により計算した利息額との差額を清算します。

③一部解約のお取扱いはできません。

満期日以後の利率 満期日以後の利息は解約日または書替継続日における普通預金利率により計算します。
規定の適用 単利型 自由金利型定期預金(M型)規定(単利型)・自動継続自由金利型定期預金(M型)規定(単利型)
複利型 自由金利型定期預金(M型)規定(複利型)・自動継続自由金利型定期預金(M型)規定(複利型
預金保険の適用 預金保険制度の適用となりますが、1金融機関毎に預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護の対象となります。

新型期日指定

商品名 ●新型期日指定定期預金
販売対象 ●個人のお客様
期間 ●最長3年
●満期日は、この預金の全部または一部について預入日の1年経過後から3年までの間の任意の日を指定できます(ただし、満期日の指定をするときはその1か月前までに通知することが必要です。)。
●預入時の申し出により最長預入期限を満期日とする自動継続(元金継続または元利金継続)の取扱いができます。
預入方法 ●一括預入
預入金額 ●1,000円以上300万円未満
預入単位 ●1円単位
払戻方法 ●満期日以後に一括して払い戻します。
適用金利 ●預入時の店頭表示の利率を満期日まで適用します。
(店頭表示金利は店頭に設置しております63で確認してください)
利払頻度 ●満期日以後に一括して支払います。
計算方法 ●付利単位を1円とした1年を365日とする日割計算で1年毎の複利計算。
税金 ●20%の源泉分離課税(国税15%・地方税5%)
平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に支払われる利息には復興特別所得税が追加課税されるため、20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税となります。
(ただし、マル優ご利用の場合は除きます。)
付加できる特約 ●自動継続扱いのものは総合口座の担保とすることができます。
(貸越利率は担保定期預金の約定利率に0.50%を上乗せした利率)
●マル優の取扱いができます。
中途解約時の取扱い ●満期日前に解約する場合は、以下の中途解約利率(小数点第3位以下切捨て)により1年毎の複利計算した利息とともに払い戻します。
6ヶ月未満 解約日における普通預金利率
6が月以上1年未満 預入時の2年以上の利率×40%
1年以上1年6か月未満 預入時の2年以上の利率×50%
1年6か月以上2年未満 預入時の2年以上の利率×60%
2年以上2年6か月未満 預入時の2年以上の利率×70%
2年6か月以上3年未満 預入時の2年以上の利率×90%
預金保険について ●預金保険制度の付保対象預金です。
●預金保険によって、元本1,000万円まで(当組合に複数の口座がある場合には、それらの預金元金を合計します。)とその利息が保護の対象となります。
*なお、1,000万円を超える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われますので、一部カットされることがあります。
その他参考となる事項 ●満期日以後の利息は解約日または書替継続日における普通預金利率により計算します。
●満期日の指定がないときは最長預入期限が満期日となります。

大口定期(一般)

預金名 ●「自由金利型定期預金
(愛称:大口定期(一般))
預入対象者 組合員資格のある個人・法人のお客さま。
組合員 加入は不要。
マル優契約 マル優契約のお取り扱いはできません。
定期預金種類 定型方式または満期日指定方式のお取り扱いができます。
注意) 自動継続のお取り扱いはできません。
通帳式定期預金 定期預金通帳、総合口座通帳でのお取り扱いができます。
注意) 法人のお客様は、総合口座へのお預け入れはできません。
預入金額 お預入限度額は、1,000万円以上、上限はありません。
預入単位 1円
契約口座数 ご契約口座数の制限はありません。
預入期間 お預入期間は、1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年の6種類です。
満期日の設定 当初お預入日からお預入期間1か月以上3年未満の期間で満期日のご指定ができます。
適用金利 市場金利に基づき設定した店頭表示金利を満期日まで適用します。 
満期日までの固定金利です。
(店頭表示金利は店頭に設置しております63で確認してください)
税金について お利息に20.315% (国税15.315%、地方税5%)課税されます。(個人は分離課税、法人は総合課税)
付利単位 1円単位とし、1年を365日として日割で計算します。
中途解約 自由金利型定期預金規定の第2条「利息」第3項を適用します。
満期日以後の利率 満期日以後の利息は解約時における普通預金の利率とします。
規定の適用 自由金利型定期預金規定を適用します。
預金保険の適用 預金保険の対象商品ですが、1,000万円以上は全額保護の対象となりません。
(1金融機関毎に預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護の対象となります。 )

大口定期(組合員特典)

預金名 ●「自由金利型定期預金
(愛称:大口定期(組合員特典預金))
預入対象者 組合員資格のある個人・法人のお客様。
組合員 ①定期契約時に出資金5,000円以上の残高がある方。
  あるいは、
②定期契約時に出資金5,000円以上の申込みが出来る方。
組合員資格審査の
結果お断りした
場合の取扱い
定期契約時に出資金の申込みを行ったが、組合員資格に適合したかった場合は、次のお取扱いをします。
①出資金については、返戻処理までは利息を付しません。
②「大口定期(組合員特典預金)」の解約利率は、解約日における普通預金の利率です。
③定期預金の返戻金については、一旦普通預金口座へ入金させて頂きます。
組合員特典金利 お預入期間1年、2年、3年について、ス-パ-定期(300万円)の店頭表示金利に 0.05%を上乗せした金利です。
マル優契約 マル優契約のお取り扱いはできません。
定期預金種類 定型方式または満期日指定方式のお取り扱いができます。
通帳式定期預金 定期預金通帳、総合口座通帳でのお取り扱いができます。
注意) 法人のお客様は、総合口座へのお預け入れはできません。
預入金額 お預入限度額は、1,000万円以上、上限はありません。
預入単位 1円
契約口座数 ご契約口座数の制限はありません。
預入期間 お預入期間は、1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年の6種類です。
満期日の設定 当初お預入日からお預入期間1か月以上3年未満の期間で満期日のご指定ができます。
但し、自動継続の場合は、満期日指定はできません。
適用金利 市場金利に基づき設定した店頭表示金利を満期日まで適用します。
満期日までの固定金利です。
(店頭表示金利は店頭に設置しております63で確認してください)
税金について お利息に20.315% (国税15.315%、地方税5%)課税されます。(個人は分離課税、法人は総合課税)
付利単位 1円単位とし、1年を365日として日割で計算します。
中途解約 自由金利型定期預金規定の第2条「利息」第3項を適用します。
満期日以後の利率 満期日以後の利息は解約時における普通預金の利率とします。
規定の適用 自由金利型定期預金規定を適用します。
預金保険の適用 預金保険の対象商品ですが、1,000万円以上は全額保護の対象となりません。
(1金融機関毎に預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護の対象となります。 )

金利上乗せ定期

預金名 ●「自由金利型定期預金(M型)【単利型】
(愛称:金利上乗せ定期)
預入対象者 組合員である個人・法人のお客さま。
組合員 ①定期契約時に出資金5,000円以上の残高がある方
あるいは、
②定期契約時に出資金5,000円以上の申込みが出来る方
マル優契約 マル優契約のお取り扱いはできません。
定期預金種類 定型方式または満期日指定方式のお取り扱いができます。
注意) 自動継続のお取り扱いはできません。
お預入形態 証書式及び通帳式のお取扱いもできます。
お預入金額 1,000円以上1000万円以下とします。
預入単位 1円
契約口座数 ご契約口座数の制限はありません。
預入期間 お預入期間は、1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年の単利型のみです。
満期日の設定 当初お預入日からお預入期間1か月以上3年未満の期間で満期日のご指定ができます。
適用金利 市場金利に基づき設定した店頭表示金利を満期日まで適用します。
満期日までの固定金利です。
(店頭表示金利は店頭に設置しております63で確認してください)
税金について お利息に20.315% (国税15.315%、地方税5%)課税されます。(個人は分離課税、法人は総合課税)
付利単位 1円単位とし、1年を365日として日割で計算します。
中途解約 自由金利型定期預金規定の第2条「利息」第3項を適用します。
満期日以後の利率 満期日以後の利息は解約時における普通預金の利率とします。
規定の適用 自由金利型定期預金規定を適用します。
預金保険の適用 預金保険の対象商品ですが、1,000万円以上は全額保護の対象となりません。
(1金融機関毎に預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護の対象となります。 )

友定期

預金名 「自動継続自由金利型定期預金(M型)
(愛称:友定期)
預入対象者 組合員である個人、個人事業者のお客様。
組合員 ①定期契約時に出資金5,000円以上の残高がある方。
または
②定期契約時に出資金5,000円以上のお申込みが出来る方。
組合員資格審査の
結果お断りした時
定期契約時に出資金のお申込みをされたが、組合員加入をお断りした場合は、以下のお取扱
いとします。
① 出資金については、返戻処理までは利息を付しません。
② 「友定期」は契約不成立となります。
③ 契約不成立の「友定期」は、来店時における普通預金の利率で計算します。
④ 定期預金の返戻金については、一旦普通預金口座へ入金させて頂きます。
マル優契約 マル優契約のお取り扱いはできません。
定期預金種類 お預入期間1年、2年、3年の自動継続利払式のみお取扱いができます。
お預入形態 証書式及び通帳式(総合口座通帳のみ)のお取扱いもできます。
注意1:通帳式とは、総合口座通帳です。
お預入金額 お預入限度額は、50万円以上1,000万円までとします。
お預入単位 お預入単位は、50万円以上10万円単位とします。
ご契約口座数 ご契約口座数の制限はありません。
注意1:お預入の総額は1,000万円までとします。
注意2:総合口座のお預入口座数は20口までです。
お預入期間 お預入期間は、1年、2年、3年の単利型のみです。
自動継続 お預入期間1年、2年、3年の自動継続利払いとし、お客さまのお申し出のない限り、
同期間の自動継続利払いを繰り返します。
適用金利 市場金利に基づき設定した店頭表示金利を満期日まで適用します。
満期日までの固定金利です。
(店頭表示金利は店頭に設置しております63で確認してください)
利払い方法 お預入期間2年、3年については、お預入から1年毎に約定利率に70%を乗じた利
率(ただし小数点第3位以下は切捨てます)によって計算した中間利息をお支払いします。
税金について お利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)の分離課税されます。
なお、中間利払い時もお利息に20.315%(国税15.315%地方税5%)の分離課税されます。
付利単位 お預入日から満期日の前日までの日数および約定利率により計算します。
1円単位とし、1年を365日とする日割計算をします。
継続の中止依頼 お客様のご依頼によりご継続の中止が出来ます。
なお、このお取扱いを行なう時は「自動継続停止依頼書」のご提出が必要となりますので、この定期のお届出印をご持参下さい。
期限前解約について ① 満期前にご解約する場合は【表1】の期限前解約利率により計算したお利息とともに、払戻し致します。
② 中間払利息が支払われている場合には、その支払額(中間利払日が複数ある場合は各中間払利息の合計額)と【表1】の中途解約利率により計算した利息額との差額を清算します。
③ 一部解約のお取扱いはできません。
満期日以後の利率 満期日以後の利息は解約日または書替継続日における普通預金利率により計算します。
規定の適用 自動継続自由金利型定期預金(M型)規定(単利型)
満期日の設定及び利払い方法 ①当初預入日から1年、2年、3年後の応答日迄。
②上記①のお預入期間毎の自動継続「利払方式」。
③1ヵ年毎にお利息は「普通預金口座」へ自動入金致します。
預金保険の適用 預金保険の対象商品ですが、1,000万円以上は全額保護の対象となりません。
(1金融機関毎に預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護の対象となります。 )

 

定期積金「ふやす」

商品名 定期積金「ふやす」
お預入対象者 個人、法人のお客さま。
受付期間 平成28年4月1日~平成30年3月31日
お預入期間 1年・2年・3年・5年
お預入
①預入方法
②預入金額
①期間を定め毎月一定額の掛金の払込ができます。
②預入金額

50万円コース
お預入期間(回数) 掛金(毎回) 積立額計
5年(60回) 9,000円 540,000円
3年(36回) 14,000円 504,000円
2年(24回) 21,000円 504,000円
1年(12回) 42,000円 504,000円

 

100万円コース
お預入期間(回数) 掛金(毎回) 積立額計
5年(60回) 17,000円 1,020,000円
3年(36回) 28,000円 1,008,000円
2年(24回) 42,000円 1,008,000円
1年(12回) 84,000円 1,008,000円

 

200万円コース
お預入期間(回数) 掛金(毎回) 積立額計
5年(60回) 34,000円 2,040,000円
3年(36回) 56,000円 2,016,000円
2年(24回) 84,000円 2,016,000円
1年(12回) 167,000円 2,004,000円

 

300万円コース
お預入期間(回数) 掛金(毎回) 積立額計
5年(60回) 50,000円 3,000,000円
3年(36回) 84,000円 3,024,000円
2年(24回) 125,000円 3,000,000円
1年(12回) 250,000円 3,000,000円
払戻 満期日以後に一括してお支払します。
利息(給付補填備金)
①適用利率
②利払頻度
③計算方法
①年利率:0.2%(契約日の利率を満期日まで適用します。)
②給付補填金は満期日以後に一括してお支払いします。
③給付補填金は、付利単位を100円として、契約期間における掛金残高積数に年利回りを乗じて計算します。
税金 お利息(給付補填備金)に20.315%(国税15.315%地方税5%)が源泉分離課税されます。
付加できる特約事項 ・毎回の積立金を口座振替の方法で指定口座より引落し、自動的に積立できます。
中途解約について 払込日から満期日の前日までの期間について、解約日における普通預金利率により計算した利息をお支払します。
預金保険について ・預金保険制度の付保対象預金です。
・預金保険によって、元本1,000万円まで(当組合複数の口座がある場合には、それらの預金元金を合計します。)とその利息が保護の対象となります。
※なお、1,000万円を超える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われますので、一部カットされることがあります。

定期積金

商品名 定期積金
お預入対象者 個人および法人のお客さま。
お預入期間 6ヶ月以上5年
お預入 預入方法 期間を定め毎月一定額の掛金の払込ができます。
預入金額 1,000円以上
払戻し 満期日以後に一括してお支払いします。
利息 適用利率 契約日の店頭表示の利率を満期日まで適用します。
利払頻度 給付補填備金は満期日以後に一括してお支払いします。
計算方法 給付補填備金は、付利単位を100円として、
契約期間における掛金残高積数に年利回りを乗じて計算します。
税金 お利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)が課税されます。
(個人の方は分離課税、法人の方は総合課税)
付加できる特約事項 毎回の積立金を口座振替の方法で指定口座より引落し、自動的に積立できます。
その他参考となる事項 払込日から満期日の前日までの期間について、解約日における普通預金利率により計算した利息をお支払いします。
利率情報の入手方法 ※ただいまの金利はこちらをこ覧ください。
指定紛争解決機関 当組合が契約している指定紛争解決機関は(社)全国信用組合中央しんくみ苦情等相談所です。
連絡先   (社)全国信用組合中央しんくみ苦情等相談所
電話番号  03-3567-2465

普通預金

商品名 普通預金
お預入対象者 個人および法人のお客さま。
お預入期間 期間の定めはありません。
お預入 預入方法 随時お預入できます。
預入金額 1円以上
預入単位 1円単位
払戻し 随時払戻しできます。
利息 適用利率 店頭に表示する毎日の利率を適用します。(変動金利)
利払時期 毎年2月と8月の当組合所定の日に支払います。
計算方法 毎日の最終残高100円以上について付利単位を100円とし
1年を365日とする日割計算をします。
手数料 ATM (現金自動預払機)、 CD(現金自動支払機)を使用して払い戻す際は、当組合所定の手数料をいただくことがあります。
※くわしくはこちら
税金 お利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)が課税されます。
(個人の方は分離課税、法人の方は総合課税)
付加できる特約事項 個人(未成年者を除く)の方は、「総合口座」のお申込みができます。総合口座定期預金があれば、総合口座による当座貸越ができます。
その他参考となる事項 公共料金等の自動支払、年金等の自動受取もできます。預金保護制度の対象商品であり、 1預金者あたり、決済用預金以外の対象預金合計で元金1,000万円までとその利息が保護されます。
利率情報の入手方法 ※ただいまの金利はこちらをこ覧ください。
指定紛争解決機関 当組合が契約している指定紛争解決機関は(社)全国信用組合中央しんくみ苦情等相談所です。
連絡先   (社)全国信用組合中央しんくみ苦情等相談所
電話番号  03-3567-2465