法人カードおすすめランキング

アイフル の解約方法は2種類!【手続き手順やメリット・デメリットを紹介!】

テレビCMなどでご存じの方も多いアイフルですが、利用している方の中には「もう使わないから解約したい」「解約って手続きが面倒?」と思う方もいるかもしれません。

アイフルの解約方法はとっても簡単なので、解約の手順と解約を決めるタイミング・注意点などを紹介していきます。

アイフルの解約条件は「完済していること」

アイフルを解約したいと考えた場合の条件は「完済していること」です。

そのためまだ返済途中の人はアイフルを解約できません

なお「解約」と「完済」は全く別の意味で、完済は「借入を全て返済し終わった状態のこと」で、解約は「その会社との契約を解除・終了すること」を指します。

そのため、完済したからといってそのままにしておいても解約にはならないのでご注意ください。

アイフルを解約するメリット

ここではアイフルを解約する際に得られるメリットについて項目ごとに紹介していきます。

住宅ローンや自動車ローンの審査で通過しやすくなる

住宅ローンや自動車ローンの審査において、カードローンの利用はマイナスの影響を与えます。

理由としては、「ローンの返済に苦しくなるかもしれない」という貸し倒れのリスクを考慮するからです。

アイフルを解約していれば大型の融資においてカードローンを利用している時よりは有利な状況であることがいえます。

なおアイフルなどを含むカードローンは借入をしていなくても契約をしている時点で「借入中」の扱いになるので注意しましょう。

大型のローンを組む予定がある場合には解約を検討することをおすすめします。

簡単に借りられない環境にできる

アイフルは利用限度額内であれば、好きなタイミング・好きな金額を借りられるのが特徴です。

そのため、軽い気持ちで現金を借りるということがクセになっているというケースもあります。

カードローンは必ず利息を加えた金額を返済する必要があるので、使えば使うほど損をしていくことになります。

もし借りることをクセになっていて、その習慣から脱却したいというのであれば一度解約をしてしまうのが良いでしょう。

カードローンはいざという時のために利用するという方が安全です。

家族や職場の人・友人にバレるリスクがなくなる

アイフルではWeb完結による契約であればローンカードが発生しませんが、審査内容によっては書類が送付されることもあります。

その他に延滞を繰り返した時に送られてくる「督促状」は必ず郵送となっています。郵送物が家族に見られた、ローンカードの存在を職場の人や友人に見られてしまうというリスクは契約している間は常に存在します。

そんな時にアイフルを解約することによって、バレる心配をしなくて済むというのがメリットといえます。

カードローンを利用しなくても生活が安定した・家族にバレるのが不安という方は解約を検討しても良いですね。

ローンカードの紛失・不正利用が防止できる

アイフルを契約すると発行される「ローンカード」ですが、先ほど紹介した通り、普段は家族など他の人に見られないところにしまっているという人も多いです。

そのまま利用をしなくなっておくと、「どこにしまったか忘れてしまった」「なくした」というケースも少なくありません。

もし第三者の手に渡って、不正利用されてしまうといったリスクも生じます。

不正利用されたときはすぐに気づきませんが、返済日に請求が着て初めて気づくという事も。

もう使う予定がないという場合は、そのタイミングで解約をしてしまうのが安全でしょう。

アイフルを解約するデメリット

アイフルを解約するとメリットもありますがデメリットもあります。

全ての人にデメリットとなるとは限りませんが、タイミングを見極めないと損をしてしまうことも。

再度アイフルで借り入れるなら申し込み・審査を受けなくてはいけない

アイフルを一度解約して、もう一度利用をしたいときには、新規申し込みと同様の手続きをして審査を受けなくてはなりません。

また、前回審査に通過したからといって今回も審査に無事通過できるというわけではありません。年収などを含め、申込者の環境が変わるだけでなく、会社の基準などが変われば当然審査通過の可能性も変わってきます。

近々アイフルの利用をする予定があれば、完済したとしても解約は待った方がいいでしょう。

急な借入に対応できない

アイフルは、利用限度額内であればいつでも借り入れできるのが魅力です。しかし解約をしてしまうと、「すぐに現金が必要!」という時に瞬時に利用できません。

アイフルを利用するためには、先ほど紹介した通り再度申込をしなければなりません。

必要書類の準備なども含めて手間や時間がかかるので、今後も利用したい・利用しなくてはいけない経済状況の時はそのままにしておくことをおすすめします。

アイフルでの利用実績がリセットされる

アイフルを利用・借入を繰り返していくうちにアイフルの中での信頼度(実績度)が上がっていきます。

信頼度を積んでいくとアイフルの方から金利を下げる案内や借入増額申請の案内などが来ます。

アイフルを解約してしまうと、今までの利用実績が全てリセットされてしまうので、以上のような優遇措置を受けるチャンスを失うことにも繋がります。

もう一度申し込みをして契約出来たとしても、実績はリセットされているので最初から実績を積んでいくしかありません。

もし優遇条件を利用したいと考えているのであれば、すぐに解約をせずに解約をするメリットの方が上回る時まで待つのも手です。

なお、再度アイフルを申し込む場合、人によっては前回よりも審査が厳しめだと感じることもあるようです。

今後アイフルを利用する機会があるかどうかをよく検討してから手続きを進めた方が良いです。

解約をしても5年間は信用情報機関に履歴が残る

アイフルでの利用状況に関する自応報は「信用情報機関」で保存・管理されています。

もちろんアイフルの解約に関する情報もこの機関で5年間程度は保存される仕組みです。

これらの情報は削除申請を出すこともできず、ただ削除されるまで待つしかないので、使う予定がないのであれば早めに解約をするのも良いでしょう。

アイフルを解約するのに適したタイミングは?

アイフルを解約するタイミングが分からないという場合には、以下のような状況を参考にしてください。

今後大型のローンに申し込もうとしている

一般的に大型のローンといえば、住宅ローンや自動車ローンが挙げられます。

これらのローン審査は厳し目なのが特徴です。当然、カードローンの利用があればマイナスに影響を及ぼす可能性が高いです。

新しいローンを組む予定がある人は、信用情報を少しでもクリーンな状態にしておくことをおすすめします。

もうアイフルを使わなくても大丈夫な時

アイフルを今後使う予定がない・完済して随分時間が経ったという場合も契約を解除してしまう方が良いでしょう。

カードローンは完済をしていても契約をしていれば「借入状態」と信用機関には残ります。

解約の手間はありますが、信用機関の情報を少しでも早くクリーンにしておくことは今後のためにも良いです。

使いクセを直したい

気軽に借入ができるアイフルですが、さほどお金に困っていない・借りれるから無駄遣いをしてしまいがちという方の中に「カードローンを卒業したい」とお考えの方も少なくありません。

返済では必ず利息を付けて返す必要があるため、本当にお金に困っている時以外に何度も使うことはよくありません。

アイフルを解約できるのは「完済をした場合のみ」となっているので、完済をした時が解約のチャンスでもあります。

アイフルの解約方法手順と流れ

アイフルの解約方法は「電話」か「店舗窓口」の2種類です。そしてどちらの方法も手順や流れは同じなので、自分に合った方法を選んでOKです。

アイフルの解約手順は以下の通り!

  1. アイフルに解約したい旨を伝える
  2. 契約書・完済証明書の要/不要を選択する
  3. アイフルカードを処分する

なお店舗窓口で解約をする場合には

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • アイフルカード

の3つを必ず持っていきましょう。

本人確認書類は、運転免許証やパスポート・マイナンバーカードといった顔写真が載っているものが一番です。

アイフルに解約したい旨を伝える

まずはアイフルに解約をする旨を伝えます。

電話の場合は会員の専用ダイヤル((0120-109-437)にかけて、会員番号・名前・住所など本人を確認できる情報を伝えます。

なお営業時間は「平日の9:00〜18:00」の間となっているのでご注意を!週末・夜間での電話受付はしていません。

店舗の営業時間は「平日の10:00〜18:00」となっています。窓口の混雑を避けたいのであれば、事前に電話連絡をして解約をする旨を伝えておくとスムーズに手続きを済ませられるのでおすすめ!

契約書・解約(完済)証明書の要/不要を選択する

本人確認などが済んだら、契約書の返送・解約(完済)証明書の申請をするかを選択します。

契約書の返送は必ず聞かれる項目です。解約(完済)証明書に関しては利用者から希望しないと聞かれないこともあるので、必要な人は自分から申請しておきましょう。

なお解約証明書と完済証明書は似ていますが異なります。

  • 解約証明書:アイフルでの借入を完済し、解約をしたことを証明する書類
  • 完済証明書:アイフルでの借入を完済したことを証明する書類。

もし今後他のローンを組む予定があるといった場合にはこれらの書類を申請しておくと良いです。

ローン会社によっては審査条件を「カードローン会社を解約していること」にしているところもあります。

これらの書類は解約をしてから申請をすると、手間と時間を要することが多いのでこの段階で一緒に申請しておくとスムーズです。

アイフルカード・契約書を処分する

契約書・書類などを受け取ったら解約が完了します。解約がおわれば「アイフルカード」を処分しましょう。

カードの処分は、そのまま捨てるのではなくハサミで磁気部分を中心に複数に細かく裁断します。

Webのみで契約をした人には書類での契約書が存在しませんが、電話・窓口などで契約をした人は契約書が手元に残ります。

返ってきた契約書は最低でも5年は保存しておきましょう。アイフルの契約履歴の情報は信用情報機関に5年程度は残るためです。

アイフルの強制解約に注意!

アイフルでは問題なく利用していればアイフル側から強制的に解約されることはありません。

しかしこれから挙げていくケースでは強制解約されてしまう事もあります。

  • 何度も滞納・延滞をする
  • アイフルからの連絡を無視し続ける
  • アイフルの信頼を下げてしまうトラブルを起こす

上記の事が原因として挙げられます。しかし返済が遅れていたとしても、アイフルに連絡をして「返済をする意思」を伝え相談をするとすぐに強制解約はされません。

そのため、どんな事情であれ返済が厳しいと感じたらなるべく早くアイフルに連絡をしておきましょう。

アイフルの解約には一括返済もおすすめ!

アイフルを解約するためには完済していることが必須条件です。

利息の兼ね合いもあって、1,000円未満の端数が生じてしまいます。提携ATMでは硬貨の取り扱いを行っていないことが多いので、いつまでも完済できないかもしれないと思うかもしれません。

しかし、「一括返済」をすればすぐに解約できる条件が整います。

一括返済は通常返済とは異なり、アイフルの会員専用ダイヤルに電話をして一括返済希望を伝えることで可能です。

次回の返済日に合わせて利息を含めて返済額を計算してくれるので、返済日を伝えましょう。

一括返済の方法は以下の通りです。

  • 指定口座への振り込み
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口

以上の中でATMを利用する場合は硬貨が扱えないので、端数がおつりとして生じます。その場合には「店頭窓口」「郵送」「銀行振込」で返却可能です。

まとめ

アイフルの解約について解説しました。

アイフルの解約方法は電話と店舗窓口の2種類ですが、いずれの方法も10分程度で完了するためすぐに終わります。

アイフルを解約するベストなタイミングは自分にとってメリットが多いと感じた時がおすすめです。

アイフルを解約した方がいいかを考える際に、ぜひこちらの記事をお役立てください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!