法人カードおすすめランキング2020

カードローンは審査なしで可能?おすすめのカードローン会社を紹介!

「急にまとまった現金が必要になった」

「出費続きで次の給料日まで生活費がもたない」

と言った時にも頼りになるカードローン。

結論から言えば「審査なしで利用できるカードローンはありません」

ここでは審査なしでカードローンが出来ない理由のほかに、審査に通過するポイント・コツなども紹介していきます。

無職・主婦・学生の方でも利用しやすい方法も挙げていくのでぜひ参考にしてください。

目次を見たい方はこちら♪

そもそもカードローンは審査でどこを見てる?

カードローン会社はそれぞれの独自基準で申込者の返済能力を総合的に判断します。主に3つの情報について調べていきます。

  • 本人属性
  • 他社借入状況
  • 信用情報

本人属性

本人属性とは、申し込みをした人の年収や勤務先といった情報のことを指します。

  • 年収
  • 職業・勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態(正規・非正規等)
  • 住居状況(持ち家・賃貸等)・ローンの有無
  • 家族構成 等

これらの情報をスコアリング(点数化)して融資可能かを決定します。そのため1つの項目だけで「有利」「不利」になる判断の方法ではありません。

当たり前のことですが、いずれの項目もウソや間違いのないように記入しましょう。特に年収や勤務先などお金に関わることは少しの違いでもあると審査に通過できない可能性があります。

他社借入状況

他社借入状況とは、返済能力の判断にも非常に大きな影響を与えます。他社での借り入れは「総量規制」に関わるからです。

カードローン会社は貸金業法の「総量規制」というルールに従っています。総量規制とは「利用者の年収の3分の1を超えて貸し付けてはいけない」という決まりになっているので、他社での借入も含めて年収の3分の1を超えないかを調べます。

例として、申込者の年収が300万円の時に〇社で260万円借入していたら、△社では最高40万円までしか借入できないという事です。

さらに全ての申込者が年収の3分の1ギリギリまで融資が受けられるわけではありません。

カードローン会社は常に「貸し倒れのリスク」を懸念しており、多くのケースでギリギリまで借りれることは多くありません。

信用情報

信用情報とは、クレジットカードの利用履歴やローン状況・携帯電話の料金支払いなど、申込者本人のお金に関わる全ての情報を保管・管理している公的な機関です。

カードローン会社などの金融機関は、審査の際に信用情報機関から申込者の情報を調べることができます。

信用情報に乗っている項目は以下の通りです。

  • 本人特定情報:名前・住所・電話番号等の個人情報
  • 返済情報:入金日・借入残高・完済日・延滞の有無
  • 契約内容情報:金融機関名・貸付金額・契約日等
  • 取引事実に関する情報:債務整理・強制解約・債務回収・破産申し立て等
  • 申し込みに関する情報:名前・申込日・申し込み商品等(借入をしていなくても記録される情報)

中でも気を付けたいのが「借入残高」「延滞の有無」「債務整理」に関する情報です。カードローン会社ではこれらの情報を見て判断します。判断基準は大まかに以下の通りです。

  • 借入残高:現在借入している状況と、借入希望額が年収の3分の1を超えないか
  • 延滞の有無:ローンやクレジットカードの支払い・返済が61日以上遅れていないか
  • 債務整理:自己破産・個人再生・任意整理といったものをしていないか

借入残高は総量規制に関わる項目で、カードローン会社はこれルールを逸脱しないようにチェックします。

そして延滞の有無や債務整理に関する情報は「ブラックリスト」に入っていないかを確認するためのものです。

信用情報機関ってなに?

国内には3つの信用情報機関が存在しています。各カードローン会社や銀行などの金融機関はそれぞれの期間と加盟しています。

JICC CIC KSC
プロミス
アイフル
SMBCモビット
レイクALSA
三菱UFJ銀行カードローン 保証会社加盟 保証会社加盟
みずほ銀行カードローン 保証会社加盟 保証会社加盟
auじぶん銀行 保証会社加盟
楽天銀行

なおこれらの信用情報は個人でも照会手続きがとれます。郵送またはWebでも調べられるので、申し込み前に不安という方はぜひ活用を!なお手数料は1回の照会につき1,000円程度必要になります。

カードローン審査に必要なもの

ここではカードローンの申し込み・審査に必要な書類などを項目ごとに紹介します。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 福祉手帳
  • 在留カード 等

基本的に顔写真がついている「運転免許証」や「マイナンバーカード」がおすすめですが、カードローン会社によっては必要な書類や枚数が異なることもあるので事前にチェックしておくと確実です。

必要書類は各会社の公式Webサイトなどでもすぐに確認できます。

収入証明書

収入証明書は全ての申込者で提出が求められるわけではありません。提出が求められるケースは以下の通りです。

  • 借入額が50万円を超える
  • 他社借入額と合計して100万円を超える

上記の条件に該当していいなくてもカードローン会社によって・申込者の状況によっては提出が必要なことも。その他、個人事業主や自営業の方は収入の安定性の観点から正社員の方よりも不安定と見なすので収入証明書の提出を求められることもあります。

なお収入証明書になる書類は以下の通りです。

源泉徴収票 働いている会社から主に12月から1月の間に交付されるもの
給与明細書 働いている会社から交付される給与明細書。「本人の氏名」「発行年月」「勤務先名(発行元)」「月収」が明記されているものが条件
市民税・県民税額決定通知書 働いている会社または市区町村役場から主に5月~6月に交付される収入証明書類
所得証明書 市区町村役場(出張所含む)または税務署で取得できる収入証明書類
確定申告書・青色申告書・収支内訳書 1月から3月に税務署に提出する書類※税務署の受付印がない場合は「税務署に提出した日付」「提出した税務署名」を記入。

これらは公的な書類なので、入手には役所に出向く必要があったり、入手までに時間がかかるものが多いです。

もし不安という人は、あらかじめ用意してから申し込みをすることでスムーズに手続きを進められます。

カードローン申し込みから審査の手順・方法

ここではカードローンの申し込み手順を方法ごとに紹介していきます。また審査の進み方も解説するのでぜひ参考にしてください。

カードローンの申し込み方法の種類

カードローンの申し込み方法には大まかに4種類ほどあります。全てのカードローン会社で4つの方法がとれるとは限らいので、各会社のサイトなどで確認しましょう。

  • 公式Webサイト
  • 電話
  • 窓口
  • 自動契約機

公式Webサイト

  1. 借入申し込みページで必要項目の入力
  2. 審査
  3. 在籍確認
  4. 審査結果の通知
  5. 取引開始

公式サイトから申し込む場合は以下の内容などを記入します。

本人情報 氏名・性別・電話番号・住居形態・居住年数・家賃または住宅ローン・家族構成など
勤務先情報 業種・職業・会社名・部署・電話番号・住所・勤続年数・年収など
申し込み内容 希望借入額・利用目的・他社借入の有無・支払い口座・暗証番号・メールアドレス等

以上の項目は会社によって様々で、これ以外のことについても聞かれることがあります。中でも年収・職業・他社借入状況に関する情報は必ず正確に記入しましょう。

記入ミスであったとしても「虚偽の申告」と判断されてしまうかもしれません。必ず間違いがないかを確認してから申し込みましょう。

申し込みが完了すると電話による「在籍確認」が行われます。ほぼ全てのカードローン会社で実施されている審査項目です。

在籍確認とは、申込者が申告した会社にカードローン会社の審査担当者から実際に電話をかけて本人が在籍しているかを確認する方法です。

必ずしも本人が電話に出る必要がなく、上司や同僚など本人がいる事を証明できる人であればどなたでも構いません。

また人によってはカードローンの利用がバレたくないということもあるので、申し込みが完了した後すぐにカードローン会社に連絡をして、在籍確認の時間を話し合っておくことも可能です。

電話

  1. 電話で借入希望を伝える
  2. 審査・在籍確認の実施
  3. 審査通過の通知
  4. 融資開始

電話からの申し込みは、先ほど紹介した公式サイトからの手順とほぼ同様です。電話の段階で担当者から必要事項を質問されるので答えていくだけです。

もちろん在籍確認も行われるのでご注意ください。

窓口

  1. 窓口で本人確認書類や収入証明書を提出
  2. その場で審査
  3. 在籍確認
  4. 審査結果の通知
  5. 利用開始

窓口で借入の申し込みをする場合は、窓口で審査が行われます。またスタッフが申し込みについて詳しく教えてくれるので、初めての人でも安心です。

分からないこともその場で教えてもらえるのがメリッと言えます。さらにローンカードの発行も窓口で行っているので、カードを入手次第すぐに借入可能です。

自動契約機

  1. 契約機の画面の指示に沿って申し込みをする
  2. 審査
  3. 在籍確認
  4. 審査結果の通知・融資開始

自動契約機の利用も基本的流れは他の方法と変わりません。自動契約機を使えば、その場でローンカードを発行してくれるので即日融資も可能です。

審査が甘いカードローン会社はない!

基本的に「審査が甘い」といわれる会社は存在しません。審査は申込者の返済能力を見るために非常に大切だからです。

カードローンは、無担保・保証人なしで借りられるフリーローンなので、利用者が借金を返せないと「貸し倒れ」となり損をしてしまいます。

「審査なし」「審査が甘い」という会社は危険!

貸金業法に則って運営しているカードローン会社・銀行は「審査が甘い」と宣伝していません。それは「日本貸金業協会」が広告や宣伝の表現にルールを設けているからです。

協会では「入が容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそ そるような表示又は説明」は禁止としています。もし以下のような表現を見たら違法業者「闇金」である可能性が高く、利用してはいけません。

  • 必ず融資可能!
  • 審査基準がとっても低い
  • 無条件、無審査で○○万円
  • ブラックでも必ず融資
  • 他店で債務整理した方も大歓迎

以上のような文句で借入をすすめてくる業者は「闇金」である可能性が高く、以下のようなトラブルに巻き込まれるリスクが高いです。

  • 規定を超えた高額な金利を請求される
  • 過度な取り立てで生活を脅かされ、職場や家族にまで被害が及ぶ
  • 他の闇金に個人情報を流される

借りるまでは優しそうにしていてもいざ借りると法外な返済を要求してくるといったトラブルも少なくありません。

大手がダメなら中小の消費者金融も検討する

カードローンは大手だけでなく中小の消費者金融も存在しています。中小は地方特化型の営業をしていて、様々な点で大手の消費者金融と異なります。

  • 店舗での申し込みが可能
  • 申込みに必要な書類、審査の手順などは大手と同じ
  • 少額融資がメインなので借りすぎのリスクが少ない

以上のポイントが大手と比べての違い・特徴です。ただし審査基準が大手よりも「甘い」ということはないのでご注意ください。

ただし、自社基準が大手とは異なる部分もあるので審査結果が大手とは違ってくることもあります。

もし大手での借り入れに不安があるという方は中小の消費者金融の利用も検討してみてはいかがでしょうか。ただし以下のポイントに気を付けてください。

  • 即日借りられないこともある
  • 土日や祝日に融資を受けられないこともある
  • 大手に比べて金利が高い
  • 手渡しでしか借りられないこともある
  • 中小の消費者金融を装う「闇金」が潜んでいる可能性

中小は大手に比べて知名度の高さが違うため、中小の消費者金融を装った闇金であることも。もし怪しい業者を見かけたら「貸金登録番号」「日本貸金業協会会員」を確認しましょう。貸金業者として国が認可していればいずれも分かります。

審査に通過しやすくするポイント

審査なし・審査が甘いカードローン会社は存在しません。しかし審査に通過するために必要なポイントはあります。これから紹介するポイントを項目ごとに詳しく解説するので、申し込みの際にお役立てください。

なお必ず審査に通る保証をするわけではないのでご注意ください。

年収の3分の1未満になるようにする

貸金業者は総量規制のルールに従って、申込者の年収の3分の1以上を融資できません。もしこの基準を超える金額を借り入れようとすると、審査に落ちてしまいます。

もし少しでも審査通過率を上げるなら年収の3分の1よりも少しでも低く申し込みましょう。そのため、自分にとって必要最低限の金額はいくらかを必ず計算することが大切です。

先ほどの説明しましたが、この3分の1は1社ではなく他社からの借り入れ金額も合算しての金額です。

借り入れ件数はできるだけ少なく

借入金額だけでなく、借入件数も審査では重要な項目になります。言うまでもなく、借入件数は少なければ少ないほど有利です。

なお貸金業者は他社の借り入れ状況を信用情報機関から調べることができます。

会社によって基準は様々ですが3社を超えていると審査にマイナスの影響を与える可能性があります。出来れば借入先を少しでも減らすか、現在借りている会社で「増額申請」をするのも良いです。

増額申請であれば新規の申し込みよりは審査スピードも速い傾向にあります。

審査基準が異なる金融機関に申し込む

審査基準は各カードローン会社が独自で定めているだけでなく非公開です。そのため、審査に通過した・落ちた人であっても結果の理由に関して知ることはできません。

しかし審査基準はカードローン会社によって異なります。なお多くのカードローン会社は、大手の金融機関のグループ傘下なので同じグループ会社は審査基準が似ていることが多いです。

大手カードローン会社とグループの種類わけは以下の通りです。

カードローン 銀行グループ
アイフル なし(独立系)
プロミス SMBCグループ
SMBCモビット SMBCグループ
三菱UFJ銀行カードローン 三菱UFJフィナンシャルグループ
レイクALSA 新生フィナンシャル
楽天銀行 楽天銀行カードローン

プロミスとSMBCモビットは同じ「SMBCグループ」に属しているので審査基準も似ている可能性が高いです。いずれかにすでに審査を申し込んだことがある場合は、それ以外の会社に申し込むことをお勧めします。

申し込み前に「仮診断」「借入診断」などを活用する

各カードローン会社の公式サイトには本審査前に簡易診断を受けるツールを用意していることが多いです。

「年収」「他社借入状況」「希望額」などを入力することですぐに分かります。

簡易診断では審査結果の簡易的な目安がすぐに分かる・「申し込みブラック」の心配がないといったメリットがあります。

申し込みブラックとは、短期間(1ケ月以内)に複数社のカードローン会社やクレジットカード会社に申し込んで審査に通りにくくなることを指します。

申し込み情報も、信用情報機関に登録・管理されています。申し込みをたくさんしすぎるということは「お金に困っていて返済が難しいのではないか」「多重債務のリスクが高いのではないか」という理由で懸念されるからです。

なお申し込み情報は「6か月」残ってしまいますので、再度カードローンの申し込みをする場合は半年待ってからにしましょう。

簡易的な借入診断であれば信用情報機関に記録が残ることはないので安心してください。自分が借入できるかを調べるのに積極的に利用しましょう。

なお簡易診断は、本申込をしてその通りになるわけではないのであくまでも目安として考えておきましょう。

即日もOK?スピーディに借入をする方法

大手の消費者金融は新規の利用者獲得のために様々な金融商品やサービスを提供しています。そのサービスの一環に「即日融資」というものもあります。

すぐに現金が欲しいと思った時にできるだけ早く融資をしてくれる会社を見つけるポイントを説明していきます。

「即日融資OK」といっているカードローン会社を探す

カードローン会社によっては即日融資が可能なところとそうでないところがあります。特に「即日融資可能」と公表しているところは、審査時間が短い傾向があります。

30分~1時間程度で審査結果が出る会社を選ぶのがおすすめです。審査時間の短さが契約までの時間に大きな影響を及ぼしているので、審査時間で判断するのも有効です。

「カードレス」に対応しているか

一般的にカードローンを利用するには「ローンカード」が必要です。カードが手元に届くには郵送するのが一般的なので、契約から利用まで時間が空いてしまう事になります。

しかし、カードレスで借り入れができる会社を利用すれば、カードを待つことなく融資が受けられるのでスピーディに現金を用意できます。

必要最低限の金額を借り入れる

1社で50万円以上、またた他社と合計100万円以上の借り入れを申し込もうとすると「収入証明書」の提出が求められます。高額になればなるほど審査が厳しくなる傾向にあるので、特に最初の契約であれば必要最低限の金額を申し込みましょう。

金額でいえば10万円くらいを上限にしておくと良いでしょう。カードローン会社としても、貸し倒れのリスクが少しでも低い・貸し倒れても損失が少ない方が審査がスピーディに終わる可能性が期待できます。

初めての人にもおすすめ!「アコム」

実質年率 借入限度額 審査時間 融資速度
3.0~18.0% 1万円~800万円 最短30分 最短1時間

アコムのメリット

アコムは審査時間が最短30分と大変スピーディなのですぐに現金を手に入れたい人におすすめです。初めての人でも利用しやすいサイトなのでどれにするか迷ったらアコムの利用も検討してみてください。

さらにアコムは大手の消費者金融の中でも珍しく「ACマスターカード」と呼ばれるクレジットカードを発行しています。カードローンだけでなくショッピング利用もできるので、非常に便利!クレジットカードを作りたいという方にもおすすめです。

また電話による在籍確認にも時間や方法に関する相談に乗ってくれます。

アコムは借入希望額が50万円以下であれば原則として収入証明書が必要なく、運転免許証のみで手続きが行えるのもメリットです。

アコムを利用する上での注意点

アコムの利用を検討する上で考慮しなくてはならないのは以下の点です。

  • 提携ATM手数料が有料
  • 無利息期間の開始が「契約日の翌日」から

アコムを利用する上で見逃せないのが「金利が高い」という点です。金利の高さは利息・総返済額に関係してきます。

アコムの金利は3.0%~18.0%に設定されており、キャッシング利用者の多くは100万円以内の融資枠が適用されるので、金利は上限である18%に設定されることが多いです。

なお金利の範囲は他の大手の消費者金融ともあまり変わらないので、問題はその範囲の中のどれが適用されるかという点です。残念ながら、適用金利は実際に契約に進まないと分からないのでご注意ください。

一般的な銀行ローンに比べてとても高い金利といえます。しかし、他のカードローン会社も上限は同じ18%に設定されているので、消費者金融業者の中で特別高いというわけではないです。

サポートの手厚さが好評!「アイフル」

実質年率 借入限度額 審査時間 融資速度
3.0~18.0% 1万円~800万円 最短30分 最短1時間

アイフルのメリット

  • 最短30分で審査
  • 9~21時なら、フリーダイヤル契約で急な融資に対応
  • カードレス対応
  • 原則「職場連絡なし」
  • 郵送物があったとしても社名(アイフル)が入っていない封筒やハガキで送付
  • 初回のみ最大30日間無利息

審査スピードが最短30分とスピーディですが、電話・メール・チャットによる質問も随時受け付けているので、カードローン初心者の人でも安心です。

さらにアイフルは自社アプリを提供しているので、スマホを使って借入・返済などが行えます。自宅だけでなく職場や出先など場所を選ばないのが魅力的です。

アイフルを利用する上での注意点

  • 無利息期間は契約日翌日から
  • 銀行カードローンよりも金利が高い
  • 手数料無料のATMが少ない

アイフルは「初めて契約をする人限定」で無利息期間を設けています。この無利息期間が始まるのは「契約日をした翌日」からなので要注意!

契約をしてもすぐに借りないというのであれば、無利息期間のメリットがなくなってしまいます。

アイフルに限らずカードローン会社は銀行カードローンよりも金利が高く設定されている傾向にあります。金利の高さは利息にも影響してくるので、なるべく短期で完済できるように計画を立てましょう。

そしてアイフルはコンビニなどに設置されているATMの利用手数料が発生します。何回も利用するとなると見過ごせない金額になるのでこちらも忘れないようにしましょう。

WEB完結なら電話連絡なし「SMBCモビット」

実質年率 借入限度額 審査時間 融資速度
3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短30分 当日融資

SMBCモビットのメリット

  • 最短10秒で簡易審査、本審査の結果が出るまで最短30分
  • コールセンターに電話すれば手続き完了後、最短3分で融資可能
  • 「WEB完結申込」なら職場連絡なし
  • Tポイントが貯まる

SMBCモビットの最大のメリットは「Web完結」で申し込めば電話連絡がありませんん。在籍確認できる環境にない人やプライベートを重視している人にもおすすめです。

ただしWeb完結での契約が出来るのは以下の条件をクリアした方のみです。

  1. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  2. 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証をお持ちの方

SMBCモビットを利用する上での注意点

SMBCモビットを利用する際に気を付けていただきたい点が「無利息期間がない」というところです。初回契約時であっても、他の人と同様に利息が発生します。

今後も引き続き利用する可能性がある・無利息よりも在籍確認の有無の方が大切という方にはおすすめです。

無利息期間の利用がおすすめ!「プロミス」

実質年率 借入限度額 審査時間 融資速度
3.0~18.0% 1万円~800万円 最短30分 最短1時間

プロミスのメリット

  • 最短15秒で審査回答、最短30分で融資可能
  • 初回のみ30日間無利息
  • 最高金利が他社よりも低い(他社は18%、プロミスは17.8%)。
  • はじめての利用者に2000円分の三井住友VISAプリペイドをプレゼント

プロミスは適用金利の範囲が「4.5%~17.8%」なので他社よりも低いのが特徴です。金利は総返済額に関わってくる部分なので要チェックです。

さらにプロミスは初回契約者限定ですが、無利息期間を30日間設けています。この無利息期間の始まりは「利用日の翌日から」となっています。

多くのカードローン会社では「契約日の翌日から」になっているところ、プロミスは借入を受けてからなので契約をしてすぐには借り入れないという方におすすめです。

プロミスを利用する上での注意点

プロミスの注意点としては「最低金利が4.5%」と他社よりも高めに設定されているということです。しかしこの金利は500万円以上の高額借入に適用されるので、多くの人にはあまり関係ありません。

500万円以上の借り入れは年収1500万円以上の方に限るので、デメリットに感じる人は多くはないでしょう。

ブラックリストしている時はどうする?

ブラックリスト入りしている人は基本的にカードローンの利用はできません。もしこの状況でもお金を用意しなければならないという人は以下の方法を検討してみてください。

質屋を利用する

質屋ではブランド品やアクセサリー・骨董品などを担保にしてお金を借りることができます。審査なども必要ないので、ブラックリスト入りしている人・無職の人でも利用できます。

返済ができなくても担保として預かった物品をそのまま手放せばいいだけなので手続きなども不要です。

公的な機関から融資を受ける

ブラックリストに載ってしまってもどうしても現金が必要という場合は「日本政策金融公庫」の利用を検討しましょう。

直近1年~2年の間で信用情報に問題がなければ融資が受けられる可能性があります。

債務整理をしてしまうと融資審査に通らない可能性が高くなるので、延滞を繰り返して債務整理をする前にこちらの方法も頭に入れておきましょう。

まとめ

カードローンは審査なしで利用できないことをお伝えしました。しかし、スピーディに審査結果が出るカードローン会社もあるので、ぜひ事前準備をしっかりとしてすぐに申込できるように備えておきましょう。

また会社ごとに特色や強みが異なるので、自分にあったカードローン会社を見つける事にもお役立てください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!