法人カードおすすめランキング2020

カードローンの金利って何?【利息の計算方法・少しでも返済額を抑える方法】

急にまとまった現金が必要な時に役立つ「カードローン」ですが、「ローン」であるため必ず返済をしなくてはなりません。

また返済時には借りた元金のほかに「利息」を追加しなくてはなりません。 利息の計算で必要な「金利」ですが、この金利を知ることで総返済額にも影響を及ぼします

ここではカードローンの金利について詳しく紹介していきます。これからカードローンを利用しようと考えている方、すでにカードローンを利用している方どちらにも耳よりな情報ばかりです。

カードローンの金利とは何か

カードローンの金利とは、借入をした元金に対して利息を計算する上で必要な「割合」のことです。

多くのカードローン会社の公式サイトなどでは「金利〇〇~□□%」と表示されていることが多いですが、金利は範囲の中から設定される仕組みになっています。

金利・利息・利子って何が違う?

カードローンを利用する前に、まずは関係している用語をしっかりとおさえておきましょう。

金利 お金を借りた側(債務者)が、借入元金(借りたお金)プラスして支払う利息の「割合」のこと
利子 お金を借りた側(債務者)が、借りたお金に追加して支払うお金。
利息 お金を貸した側(債権者)が、貸付金に追加で受け取るお金。
実質年率 借りたお金に、手数料・保証料などの費用を追加して計算した実質上の金利
上記の中でも利息と利子の違いがよく分からないという方が多いです。2つの違いは、お金を貸す側と借りる側によっての呼び方にあります。

金利は上限が決められている

カードローンの金利は「利息制限法」という法律を元に上限が決められています。そのため、カードローン会社はこの上限を超えない範囲で金利を独自に設定しています。

以下は利息制限法における、借入金額と金利上限の一覧です。

借入金額 金利上限(実質年率)
100万円以上 15%
10〜99万円 18%
10万円未満 20%

もし上記の金利以上が設定されている金融機関を見つけた場合は、「違法業者」=「闇金」である可能性が高いので、絶対に利用してはいけません。

なお、利息制限法は「金利」にしか制限がかけられていないので、「利息」自体に上限が決められてはいません。当然、借入額が多ければその分支払う利息が増えていく仕組みになっています。

金利がいくらになるか分かるのは契約時

実際に借り入れた時に支払うべき利息をするには金利がいくらかが重要ですが、適用される金利は審査結果が出るまで・契約時にしか分かりません。

多くのカードローン会社では適用金利を範囲で設定しているので、自分が借り入れたい金額から自分で返済額を計算することは可能です。

またカードローンは審査を申し込んだだけでも個人信用情報機関に情報が6か月程度は記録されているので要注意

1か月以内の短期間に複数社で審査を受けようとすると「申し込みブラック」となり、それだけで審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

審査を受ける際には会社選びは慎重に行うことをお勧めします。

カードローンは大きく3種類にわけられる

カードローンは銀行と消費者金融系・信販やクレジットカード会社の大きく3つにわけられます。ここでは各カードローンの特徴などを紹介していきます。

銀行のカードローン

銀行のカードローンは、消費者金融系のカードローンと比較して金利範囲が低めである傾向にあります。

銀行のカードローンが向いている人は「まとまった現金の融資を受けたい・信用情報に問題ない」というケースです。

銀行は消費者金融のカードローンよりも審査が厳しい傾向にあります。そのため金利の低さを実現できているといえます。

もちろん審査の基準は会社によって独自に決めているので、信用情報のほかにも様々な観点から評価されることにご注意ください。

特に債務整理を行った人はまず銀行のカードローン審査に落ちてしまうのでおすすめできません

さらに銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも審査の結果通知が数日程度と時間がかかるのも要注意!すぐに現金が欲しいという方は消費者金融のカードローンの利用がおすすめ。

消費者金融系のカードローン

カードローンでも最も一般的といわれるのが消費者金融系です。最大の特徴は審査から融資までの時間が短いという点です。

会社にもよりますが、即日融資を可能としているところもあります。そのため、「すぐに現金を手に入れたい」という方に適しています。

消費者金融系の会社は新規顧客を目的として融資スピードで差別化を図っています。

しかし先ほど紹介した銀行のカードローンよりも高い水準で金利が設定されているので、「少額の借り入れ・短期間で完済できる」という方に向いている融資方法です。

信販・クレジットカード系のカードローン

信販・クレジットカード系のカードローンは基本的には銀行のカードローンと同じ特徴を持っています。

金利・審査条件なども似ていることが多いです。 そのため比較的長期の借り入れを予想している人におすすめです。

なお審査結果から融資までの時間は最短で翌営業日のところもあるので、銀行のカードローンよりも早く融資を受けたいという人は検討してみてはいかがでしょうか。

会社によってはカードが手元に届けられるまでに利用できるところもあるので、各会社の公式サイトなどで事前に確認しましょう。

カードローンの金利から利息を計算する

カードローンの利息は会社が定める適用金利と借入元金などから計算ができます。計算方法は以下の通りです。

利息=借入金額×実質年率(金利)×借入日数÷365日
(なおうるう年の時は366日で計算)

例として60万円の借り入れを金利18%(年率)・20日間で行った場合は

600,000円×18%×20日÷365日=5,917円

と算出でき、借入元金と合算して「605,917円」を返済することが分かります。

なお利息は金利だけでなく借入日数や借入元金によっても変わっていきます。

返済シミュレーションを活用しよう!

利息は自分でも計算可能ですが、毎月の返済額が変動する方式を採用している場合は、毎月自分で計算するのが面倒という方も多いはず。

返済方式によっては計算が複雑になることもあるので、正確な返済額を知るには各カードローン会社の用意している「返済シミュレーション」の活用がおすすめです。

返済シミュレーションは利用者だけでなく誰でも気軽に利用できるのでぜひ積極的に活用しましょう。

また返済シミュレーションは、月々の返済額だけでなく完済までの期間や希望する返済期間から毎月の返済額を計算することもできるので、返済計画を立てるのにも役立ちます。

すでにカードローンを利用している人はもちろんのこと、これから利用を検討している人も、「どれくらいまで借りれるのか」「借りた場合毎月どれくらい返済すればよいか」を事前に把握できるのは有用です。

返済シミュレーションは利用しても個人信用情報機関に記録されることはないので気軽に利用しましょう。

カードローンの利息を少しでも抑える方法

返済額に関係している利息は抑える方法がいくつかあります。

繰り上げ返済をする

繰り上げ返済(スポット返済)は毎月決まった日・決まった金額の返済以外に行う返済方法で、繰り上げ返済を行うと返済期間が短くなるのが特徴です。

返済期間が短くなる借入元金が減るので利息がその分安くなります。さらに繰り上げ返済には利息が発生せず、返済額全てが借入元金に充てられるのが特徴です。

ボーナスなどの臨時収入が入った際に積極的に利用していくのが賢い方法です。 早く完済したいからといって生活費を無理に削ってまで返済をすることはおすすめできません

無理をしすぎて返済をすることで生活に支障が出たり、生活費に困って新たに借入をするといったケースも少なくありません。

繰り上げ返済をする場合は、生活費に余裕が生まれた時にするのが良いでしょう。

一括返済も有効

カードローンは返済期間が長くなるほどに利息がかさむので、なるべく短い期間で返し終わることが総返済額を抑えることに繋がります。

もし余裕があれば、「一括返済」も検討してみてください。1回で返し終わるので、1回分の利息しか発生しないという事になります。

しかし、借入額の多さや月々に必要な生活費などを引いて無理のないように計算することが大切です。

以下は一括返済がおすすめできる・出来ないケースを一覧にまとめました。

一括返済が適しているケース 一括返済が適していないケース
  • 一括返済をしても家計に影響がない 
  • 直近に大きな出費をする予定がない
  • 一括返済をすると家計がギリギリになってしまう 
  • 車検や冠婚葬祭など大きな出費が予想される出来事が直近にある

以上から、自分が一括返済をする場合に向いているか・向いていないかが分かります。

無理をして一括返済をしようとすると、生活費が足りなくなって再度借入をしなくてはいけないという事もあります

金利が低い会社を探す

これからカードローンを利用しようと検討している方は、各カードローン会社が公表している金利を比較して選ぶのがおすすめです。 以下は各カードローン会社が公表している金利の範囲です。

カードローン会社 金利範囲(実質年率)
プロミス 4.5~17.8%
SMBCモビット 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%
みずほ銀行 2.0~14.0%
楽天銀行 1.9~14.5%

大手の消費者金融は上限金利を18%程度にしているところが大半です。

みずほ銀行や楽天銀行といった銀行のカードローンは上限金利を低めに設定していることが分かります。

しかし銀行のカードローンは審査結果が出るまでに数日かかる・審査が消費者金融よりも厳しめといった特徴があるので、選ぶ際は慎重に!

借り換えを検討する

借り換えとは「すでに借入をしている会社よりも金利が低くなる会社に契約をしなおすこと」です。適用金利は1%でも少なくなるだけで利息・返済金額に大きく影響を及ぼします。

借り換えは通常の審査とは異なり、厳しめにしている会社が多いので必ずしも借り換えが成功するとは限りません

さらに借り換えをしたからといって必ず金利が低くなるとは限りません。先ほど紹介した通り、適用される金利は実際に審査を受けてみないと分からないからです。

本当に金利が低くなるか不安な場合は、無理に借り換えをしない方が良いでしょう。

1度の借り入れは最小限&こまめに返済をする

もし50万円が限度額であったとして、借り入れに必要な金額が20万円だった場合は20万円までにとどめておきましょう。

利息は借入金額と金利・借入期間で算出されます。カードローンは限度額内であれば、いつでも・好きなだけ借りれるのが特徴です。

「とりあえず多めに借りておこう」と思って必要以上に借りてしまうと、その分利息がかさみます

そしてカードローンは毎月決まった日だけでなく、好きなタイミングでも返済が可能です。

もしお金に余裕が生まれた時はこまめに返済を借入元金を減らし、利息を抑えましょう。

おまとめローンを検討する

 現在2社以上から借り入れをしていれば「おまとめローン」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンとは複数の借入先を1つにまとめて借り換える方法です。

この方法をとることで金利を下げて利息が抑えられることを狙います。

カードローンは借入額が多くなるほどに金利が下がるという傾向があります。

例えば「A社:金利15% B社:金利18% C社:金利17%」から借り入れをしている場合、1つの借入先にまとめると金利が「14%」まで下げることも中には可能です。

さらに、返済日や借入残高の把握も1つだけになるので返済忘れの心配が少なくなり、管理がしやすくなります

返済計画も立てやすくなるので、複数社から借り入れしている人はぜひご検討を!

ただし、再度審査を受ける必要があることと、全くの新規ではないので審査が厳しめになっている会社もあります

必ずおまとめローンが認められるわけではないので利用したい会社のサイトなどで確認・または相談をしてみるのがおすすめです。

カードローンの利息が0円になる方法

総返済額に関係してくる利息は、実は0円(無利息期間)にする方法があります。ここでは無利息期間を設けている会社や詳しい内容を紹介します。

  無利息期間 適用条件
アコム 初回契約日の翌日から30日間 初回契約者のみ
アイフル 初回契約日の翌日から30日間 初回契約者のみ
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 プロミスとの契約がはじめて、かつWeb明細を利用する
レイクALSA ・初回契約日の翌日から30日間
・初回契約日の翌日から60日間
・初めての契約日の翌日から180日間(借入額5万円まで)
初回契約者のみ

基本的に消費者金融系のカードローン会社が無利息期間を設けているようです。

なお全ての会社に共通しているのが無利息期間を利用えきるのが「初めての契約者のみ」となっていることです。

その会社で初めて契約をした人しかこのサービスを利用できないのでご注意ください。

1点注意ですが、無利息期間が始まるタイミングです。主に「契約をした翌日から始まる」ケースと「借入をした翌日から始まる」ケースの2パターンです。

契約をしてもすぐに借入をしないのであれば、「借入をした翌日から」無利息期間が始まる会社を選ぶのがおすすめ!

無利息期間を効率よく使うには?

  • 借りすぎに注意
  • 無利息期間に解約するとサービスも終わる
  • 返済を延滞すると「遅延損害金」が発生

借りすぎに注意

無利息期間中は一切利息が発生しないので、その期間内であれば借入元金だけの返済でOKです。

しかし利息がかからないからといって「返済しやすい」とは限りません。「次の給料日まで無利息だから」と安心して借りすぎてしまう事もあります。

多くのカードローン会社は30日間程度の期間を設けているので、次の給料日で完済できる額までに抑えておくと良いです

給料の中から生活費・固定費などを引いた残りの金額を事前に計算しておくと借りすぎを防げます

無利息期間に解約するとサービスも終わる

無利息期間は初めてその会社で契約をした人だけが利用できるサービスであることが一般的です。

この無利息期間は期間内に完済をしてかつ解約をしてしまうと、その時にも無利息期間が終了してしまうことをお忘れない!

再度同じ会社で契約をしても、無利息期間サービスは利用できず契約または借り入れ翌日から利息が発生する仕組みになっています。

もし無利息期間があまるほど短期間に完済をしても、無利息期間が終了するまでは解約をしないことがおすすめです。

無利息期間内であれば完済をしても、再度借り入れた時は再び無利息が適用されます。

返済を延滞すると「遅延損害金」が発生

当然のことですが、たとえ無利息期間が適用されていても返済に遅れてしまうことで「遅延損害金」というペナルティが課されてしまいます。

遅延損害金とは本来の利息とは別の利率が換算され、一般的には上限である「20%」を適用しています。

遅延損害金は日割り換算で増えていくので要注意!遅延損害金の計算方法は以下の通り。

遅延損害金=元金×利率÷365日×返済日経過日数

無利息期間が利用できるのに返済に遅れることでその魅力が十分に発揮できないのは勿体ないですよね。

カードローン会社選びのポイント

数多くのカードローン会社がある中で、自分にピッタリな会社を見つけるにはどの点に注目すればよいでしょうか。

見極めポイントを項目ごとに説明するのでぜひ参考にしてください。

金利で比較する

金利は総返済額に密接に関係するため、少しでも返済額を抑えるためには金利に着目をする事も重要です。

以下は消費者金融系カードローンと銀行のカードローンの適用金利をまとめました。

カードローン会社 金利(実質年率)
プロミス 年4.5〜17.8%
アコム 年3.0〜18.0%
SMBCモビット 年3.0〜18.0%
アイフル 年3.0〜18.0% 
レイクALSA 年4.5〜18.0%

消費者金融系のカードローン会社は上限金利がほぼ18%と同じであることが分かります。

借入額が少ないほど適用金利は高くなる傾向にあるので、まとまった金額を借りる人であれば、会社ごとに金利を比較するのが有効です。

  カードローン会社 金利
1 りそな銀行「りそなカードローン」 3.5%~12.475%
(変動金利)
2 ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%
2 イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
4 みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%※(※1)
5 三井住友銀行 カードローン 年4.0%~14.5%
6 三菱UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6%
7 横浜銀行カードローン 年1.5%~14.6%

銀行のカードローンは消費者金融系カードローンよりも適用金利が低めの水準であることが多いですが、上限は15%近くに設定されていることが多いようです。

審査・融資までにかかる期間

カードローンのメリットの1つでもあるのが「融資までのスピードの速さ」も挙げられます。先ほど紹介した通り、消費者金融系カードローンであれば銀行のカードローンよりも融資スピードが早い傾向にあります。

金利の重要ですが、「今すぐ現金が必要!」という時にすぐに借りれなければ意味がありません。

消費者金融系カードローンは融資までのスピードで競争を図っているので、急いでいる人は消費者金融系カードローンがおすすめ。

公式サイトなどで「最短30分で審査」「即日融資OK」といった紹介がされているかで見極めます。

もちろん全ての方が最短時間で審査・融資が受けられるわけではありません。借入希望額や申し込み内容など様々な点から見ていくので、申込者によります。

返済方法

カードローンは通常以下の5種類の方法で返済できます。

  • ATMからの返済
  • 口座引き落とし
  • インターネットバンキングからの返済
  • 口座への振り込み
  • 店頭窓口からの返済

ATMからの返済

大手の消費者金融や銀行は自社のATMを銀行・コンビニなどに設置しています。自社のATMでの借入・返済であれば手数料がかからないことが一般的なので、ポイントが高いです。

手数料は会社や利用額によっても異なりますが、1回の取引ごとに発生するのが一般的です。

なおコンビニに設置されている提携ATMは24時間・365日利用可能なことが多いので、ご自宅や職場・出先など近くのコンビニを探して気軽に利用できるのが魅力です。

なおATMでは貨幣の利用ができないのでご注意ください。

口座引き落とし

口座引き落としの方法は、毎月決まった日に指定した口座から自動的に返済される仕組みになっています。

指定した口座にお金を入れておけば自動的に返済されるので、返済忘れを防止できるのが最大の特徴です。

返済用の口座は契約時に登録をするので、もし銀行口座などを持っていない人は事前に作っておきましょう

また、口座に返済分のお金が入っていないと「残高不足」となり、延滞扱いになってしまうので要注意

インターネットバンキングからの返済

インターネットバンキングからの返済は、パソコンやスマホからできるので、非常に便利です。

ネットを介しているので、返済だけでなく借入も24時間いつでもOKなのが特徴です。

提携ネットバンキングからの取引であれば、返済結果なども即時に反映されるので返済計画を立てる際にも便利!

口座への振り込み

カードローンの返済を指定された口座へ振り込む方法は最もオーソドックスな方法です。

毎月指定された返済日までに、カードローン会社の口座へ返済金を振り込むだけです。

なお振込手数料は利用者の負担であること、振込の反映は銀行の営業時間によっては時間差が生まれることもあるので、ギリギリに返済するのではなく時間にある程度余裕を持つことをおすすめします。

店頭窓口からの返済

最後は、カードローン会社の窓口で返済をする方法です。振込のミスが心配・返済以外にも相談したいことがあるという場合にもおすすめです。

利用手数料は無料であることも多いので、手数料を抑えたい方にもよいでしょう。

カードローンの金利から見るおすすめ会社

ここでは金利の面やその会社にしかないメリットや強みなども含めておすすめポイントを紹介していきます。

自分に合うカードローン会社を探す際にお役立てください。

1.プロミス

金利(実質年率) 年4.5〜17.8%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短60分 
WEB完結 可能
申し込み条件 2069

最短30分で審査・即日融資も可能

プロミスは三井住友銀行グループのカードローン会社で、国内でも多くの利用者がいることで有名です。

プロミスのウリは、審査結果が出るまでの時間が最短30分、そして即日融資もできるということ。

ただし即日融資を希望する場合は、ネットでの申し込みを選びましょう。書類では即日融資は不可能です。

必要事項の入力や、本人確認書類・収入証明書などはスマホやデジカメにあるカメラ機能を使って添付するだけでOK!

さらにプロミスは土日・祝日の即日融資にも対応しています。週末や祝日だけど急に現金が必要になった!という時に大変便利です。

無利息期間が「借入日」から始まる

大抵のカードローン会社では、無利息期間は「契約日の翌日から」始まることが多いですが、プロミスは「借入日の翌日から」なのが特徴です。

契約をしてもしばらくは借りる予定がないという方はぜひプロミスでの利用がおすすめです。

女性専用ダイヤルがある

プロミスでは「レディースコース」を用意しており、女性でも安心して利用できる工夫が用意されています。

オペレーターは全員女性なので、女性ならではの相談にも乗ってもらえるので申し込みやすいです

なお通常のコールセンターと女性専用ダイヤルは下記を参考にしてください。

  • プロミスコール:0120-24-0365
  • レディースコール(女性専用):0120-86-2634

2.アコム

金利(実質年率) 年3.0〜18.0%
利用限度額 800万円 
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短60分 
WEB完結 可能
※在籍確認が行われる場合があります。
申し込み条件 20歳以上で安定した収入がある方

楽天銀行口座があるとさらに便利

アコムが他のカードローン会社にない魅力といえば楽天銀行の口座を持っているとさらに便利に利用できるという事です。

楽天銀行の口座から振り込んでもらう場合は、メンテナンスの時間を除いて24時間いつでも「最短1分」で融資が受けられます。

それ以外のネットバンキングへの振り込みは曜日によって振込までの最短時間が異なります

3.SMBCモビット

金利(実質年率) 年3.0〜18.0%
利用限度額 800万円
審査スピード 10秒簡易審査 
融資スピード 最短即日
WEB完結 可能 
申し込み条件 2069

WEB完結なら電話連絡なし

SMBCモビットの最大のメリットは、Web完結で申し込みの場合、電話連絡がないという点です。

通常カードローンの審査では在籍の確認などで電話がかかってくることがありますが、SMBCモビットの場合いくつかの条件をクリアしていれば電話連絡がなしになります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に本人名義の普通預金口座を持っている。
  • 全国保険協会発行の健康保険証(社会保険証)か組合保険証を持っている。

職場の人にバレたくない・コンプライアンス上電話を受け取れないといった事情がある人にもおすすめな会社と言えます。

4.アイフル

金利(実質年率) 年3.0〜18.0% 
利用限度額 800万円
審査スピード 最短25分
融資スピード 最短25分
WEB完結 可能
申し込み条件 2069

公式アプリの利用が便利

アイフルでは「スマホATM」という公式アプリを提供しています。

ローンカードがなくても「セブン銀行ATM」でアプリを経由して使えば借入・返済が簡単にできます。

使い方は簡単で、ATMに表示されているQRコードを読み取るだけで取引ができます

カードを持たないので家族や職場・友人にカードローンの利用がバレたくない人にもおすすめです。

まとめ

カードローン会社の金利について詳しく解説しました。

カードローンの利用において「金利」の存在をしっかりと理解しておくことは賢く利用する上で重要です。

金利は会社や借入額などによっても様々で、自分にとってお得に借りる方法を探す場合にチェックしてほしいポイントです。

また金利以外にも無利息期間や返済方法・その他サービスなどでも比較することが重要です。

計画的に利用すればとても便利なカードローンなので、初めての人もすでに利用している人も今回の記事を参考にしてみてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!